講師紹介

[演技指導]  滝井サトル

舞台演出家。阪神淡路大震災をきっかけに演劇をライフワークとすることを決意。
長年、関西で演劇活動を行ない、上京後も多岐に渡り精力的に作品を創り続ける。
そのエンターテイメント性には定評がある。全ての人が舞台に!をモットーに活動中。

〈最近の主な作品〉
◇2011年
「裏切りは僕の名前を知っているVol.1~3」(角川書店月刊ASUKA掲載)演出
@銀座博品館劇場・シアター1010など(~2012)
◇2012年
朗読劇「ユンカースカムヒア」(原作・TMネットワーク木根尚登)演出 @ルテアトル銀座 野外劇「スサノオ」演出 @赤坂日枝神社
◇2013年
朗読劇「イキヌクキセキ」演出助手@東京グローブ座
「飛龍伝」(脚本・つかこうへい)演出@シアターサンモール
「女海賊ビアンカ」(原作・美内すずえ)演出助手
@AiiAシアターTOKYO・森ノ宮ピロティホール
◇2014年
「トラブルレストラン」演出 @あべのハルカス近鉄アート館
「擬人カレシ」(携帯アプリゲーム)演出 @新宿村LIVE
◇2015年
「TARO~俺たちが救う」構成・演出 @シブゲキ
「七夕ジャンクション」@銀座博品館劇場
劇団ズッキュン娘公演「2番目でもいいの」演出 @南大塚ホール
「PRINCE KAGUYA」脚色・演出 @銀座博品館劇場・大阪松下IMPホール
◇2016年
「TARO~shall we TARO?」脚本・演出 @銀座博品館劇場
「マフィア・モーレ」演出@新宿村LIVE
「チェリーボーイズ」脚本・演出@銀座博品館劇場
​劇団ズッキュン娘公演「シャバダバダ」演出@吉祥寺シアター


 

[ダンス/振付]  河内達弥

 

幼児期と思春期をベルギーで過ごす。慶應義塾大学卒業後、就職しCG業界に携わるがプロダンサーを目指すため退職。
その後、クリストファー・ハギンズ氏等に師事した後、東宝を中心とするミュージカル
(「ローマの休日」「マイ・フェア・レディ」「カルメン」)に出演する。2003年より、大手テーマパーク内における振付業務に携わる。

テーマパーク外での主な振付作品:「モンスターズ・アンセム」(角筈区民ホール)、「In Touch」(高田馬場ラビネスト)、「七夕ジャンクション」(博品館劇場)、「Musical PUB Vol.4」(ラゾーナ川崎プラザソル)など。

 

 


 

[歌唱指導]  市川祐子

桐朋学園声楽専攻を卒業後、stepsエンターテイメント研究所(横山由和代表)に入所。その後フリーに。
現在はミュージカル女優・シンガーとしての活動とともに、NY在住のヴォイストレーナー、エイドリアン・エンジェル女史に師事し、
身体構造や機能に則って、喉を痛めずに歌い続けられるプレイヤーの育成にも力を入れている。
またイギリスを中心とした海外の良質かつ無名な作品を日本に紹介する団体「Queen of Quirky Quails」を自ら立ち上げ、
2015年5月には日本初演作品「In Touch」を上演した。

主な歌唱指導作品:
「モンティパイソンのSPAMALOT」(赤坂ACTシアター)、「earth kids」(六行会ホール)、「スコア!」(博品館劇場)、「Musical PUB vol.2~7」(ラゾーナ川崎プラザソル)、ミュージカルくっくま孤児院柊梨紗の物語「普通にブランド品とか好きだった私が、カンボジアで孤児院のお母さんになった。」(六行会ホール)、
「PRINCE KAGUYA」(博品館劇場)、「Violet」(ラゾーナ川崎プラザソル)、「スマイルマーメイド」(シアター1010)、「レビュー・カーテンコールをもう一度」(銀河劇場)、「キューティ・ブロンド」(シアタークリエ 他)、「パジャマゲーム」(日本青年館ホール・梅田芸術劇場)など。