これまでの公演詳細

公演グッズご購入ページはこちら

 


●ショパンと過ごした8日間 (初演:2016年8月/再演:2019年10月)

学園祭が近付くも、ノゾミはミュージカルの稽古に熱が入らないでいる。兄の不慮の死をきっかけに学校生活に馴染めなくなったのだ。逃げ込んだ音楽室からショパンの調べが。それは自分の音楽に意味を見出せないでいるピアノの天才ショパンが奏でる音だったのだ。生きることに悩む2人の時空を超えた物語。

 


●黄金歩行(ゴールデンウォーク) (2017年5月)

美術室の開かずの扉を開けると幸せになれる。ミュージカルのオーディションに落ちたサツキ、レースで転倒したスプリンターフウコ、母の死を背負う生徒会長ヒナタ、失恋に落ち込むマリカ。全く接点のない4人の高校生が美化活動のポスターを描くために美術室に集められる。若き4人の再生の物語。

 


●眠れぬ森の神女(ミジョ) (2017年8月)

瀬戸内に不老不死伝説の孤島があるという。聞きつけた視聴率稼ぎのプロデューサー裏原たちと、廃部寸前のミステリー研究部に所属するミコトたち高校生は、その孤島で、カムサリと呼ばれる不思議な人々と出会う。そして病の母を救いたいミコトは単独行動を始めるのだ。恐怖とヒューマニズムが交錯する物語。

 


●流星ライフ (2018年7月)

見習い悪魔のベガは最終試験を控えていた。4人の人間に涙を流させることができたら見事一人前の悪魔になれるのだ。チア部の女子高生、中堅女性教師、日々に疲れた主婦、革命家の女レンジャー。しかしやがてベガは、彼女たちの流す涙の温かさに気付いていく。七夕を軸にオムニバス的に進む成長の物語。

 


●疾風マラソンJuliet (2018年12月)

1日町長を賭けた平和町マラソン大会。寺の娘である高校生仏野寿利恵は、所属する新聞部復活のために、教会の息子神野トミオは、父との和解のために、それぞれ優勝を目指して走る。そしてレース終盤、50年前に寺と教会で起きた真実が暴かれて…。若者たちが自分の足で進むことの大切さを学んでいく物語。

 


●呪怨ぶらいど (2019年6月)

老舗旅館「よし乃」の老女将桑原和子は悩んでいた。跡取り娘の時江がフィアンセの事故死以来ふさぎ込んだままなのだ。そこに現れる謎の霊媒師ラファエル神田。彼は死んだ人間を現世に呼べるという。徐々に神田に惹かれていく時江。彼女は過去を乗り越えてジューンブライドになれるのか。ホラーなのにハートフルな物語。

 


 

公演グッズご購入ページはこちら