ご挨拶

ご挨拶

皆様

2018年12月25日をもってブイラボミュージカル
「疾風マラソンJuliet」無事に(?)
終幕することができました。

 

 

まずはキャスト様、スタッフ様、感謝でいっぱいです。
本当にありがとうございました。

11月1日の顔合わせから
まさに駆け抜けた稽古期間でした。

 

35人のキャスト、全37曲のナンバー、
とてんこ盛りの作品を皆で作り上げることができたこと、
本当に感謝しております。

稽古〜集中稽古と日が進むに連れ、
人の持つエネルギーの大きさとかけ算の力に感嘆の日々でした。

 

 

影となり支えて下さったスタッフの皆様、
矢面となって戦って下さったキャストの皆様、
0を1にし続けて下さったクリエイター陣、
ありがとうございますの気持ちが溢れております。

 

 

 

そしてお客様に御覧頂いて初めて作品が完成すること、
改めてと強く痛感した作品でした。

 

 

平成も終わりに近付き、
未来には悲観めいたものが横行しがちな社会にあって、
人と人が持つエネルギーの融合とぶつかりが極上の時間を生み出す、
その小さくも確かな可能性を探って、
これからもオリジナルミュージカルを
創っていこうと思っております。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

2019年、ブイラボ4期開催
ブイラボシニア「東京スマイルシアター」発表会と
小さな一歩を自分の足で進んでいく所存です。

第6回公演の小さなアイデアも昨夜降りてきました。
演劇の神様が僕にくれたお年玉だと思っております。

 

 

2018年への感謝と2019年の皆様のご多幸とを
ミックスして挨拶とさせて頂きます。

今後ともブイラボミュージカルをよろしくお願い致します。
本当にありがとうございました。

 

2019.1.1
ブイラボミュージカル 滝井サトル

 

s-juliet